2006年1月14日土曜日

ブタでお勉強

〔しようもない日常〕


ひどい雨ですね。
お腹の具合はだいぶよくなりましたが、本業の方の会議が入ってしまったため、蒲田のフリマには行けませんでした。残念です。

昨日、ブタの話をしたついでに今日もブタネタを。

一時期、香港へ行くと必ず麥嘜(マクマグ)&麥兜(マクダル)グッズを買っていたことがありました。
その頃は雑誌『黄巴士』も定期購読していて、雑誌に毎月付いてくる付録と香港で買ってきたグッズがかなりの量になってしまい、けっきょく雑誌の講読は止めました。
それにグッズといっても、いい大人がぬいぐるみやらトートバッグやらそんなものばかり買うわけにもいかず、いきおい、カードや書籍類の購入が多くなりました。

そんな中である日見つけたのが、『廣州話對普通話』なる本。
いわゆる広東語と北京語(普通話)の対照本ですが、かわゆい麥兜のイラスト入りなので、迷わず購入、楽しみながら広東語のお勉強ができるわい、と思いました。

が・・・・。

生来怠惰なせんきちは、ときどき気が向いた時に本を開くのみで、今ではほとんど死蔵本と化しております。

しかし、勤勉なあなたでしたらきっとこの本がお役に立つことと思います。
「実際の発音が聞けたら、もっといいのになあ」という向きには、CD付きのセット(上巻下巻があります)も発売されております。

あっしももう一遍勉強してみるか。

2 件のコメント:

jing さんのコメント...

いや~~~~~~ん!!!これ超欲しい!!
生来怠惰な私でもチャレンジできるかしら?たぶんせんきちさんと同じように死蔵コレクションになりそうな予感がてんこ盛りですが。

せんきち さんのコメント...

jingさん

まずはお買い求めになってみるのもよいかと。
若干お値段が張りますが、CD付ならけっこうお勉強もはかどるのではないかと思いますです。