2005年4月21日木曜日

インファナル・アフェアⅢ 終極無間 (無間道Ⅲ 終極無間)

〔えいが〕



2003年、香港・中国。劉偉強、麥兆輝監督。梁朝偉、劉徳華、陳道明、黎明、黃秋生、曾志偉、陳慧琳、杜汶澤主演。

ようやっと観ましたので、感想をちょっとだけ。

なりたい自分、あるべき自分の姿を追い求めた結果、結局現実の自分を抹殺しちゃった男の話かいな、と思いつつ観ておりましたが、「ふたりっ子」的趣向も入っておりました。

ラウ(劉徳華)がどんどんぶっ壊れていきますが、最後の最後では「仲間外れな僕」になっちゃいましたね。
ヤン(梁朝偉)は亡霊になってラウと一体化した分、現身の件では美人のリー先生(陳慧琳)に真っ昼間から「萌え」状態になっていたりと、つかの間の余暇(?)を楽しんでおられました。
でも、Ⅰでのあののっぴきならない精神状態はいづこへ?と思ったのもまた事実でありまして・・・・。
しかも、自らの意志でリー先生のところに駆け込んだわけじゃなかったらしいし。

わたくしにとってⅡで最大の謎だった、なぜサム(曾志偉)はヤンを殺さなかったのかという疑問に対する答えらしきものは、サムがヤンに仕掛けた罠でなんとなーく納得したものの、Ⅱに引き続きⅢでもヤンに冷たいサムの人格は、Ⅰのそれとは遊離したままのように感じられました。
Ⅰのサムは、本気でヤンを信じているようにしか見えなかったんですけど。

ところで、無理矢理パクられた台湾ヤクザって、やっぱり公安に引き渡されたんでしょうか?
連宋陣営だけじゃなくて、ヤクザまで一本釣りにするのか、中国。

付記:まるで『アンディ・ラウの盗撮日記』のようだったラウのヨン(黎明)盗撮場面、金庫の番号を調べるために描いた円とその周囲のギザギザを見て、公衆便所の落書きみたいだと思ったのは、わたくし1人だけでしょうか。

1 件のコメント:

prego さんのコメント...

おひさしぶりでございます。
今ここに書き込みをしようとして、しばし「どうやって書き込みをするのか・・・」考えあぐねてしまいました。
ところで、私はこのシリーズは1しか見ていませんが、トニーさんの霊と一体化って…
んな、メルヘンな話になってしまったのでしょうか?!