2005年8月12日金曜日

石井監督、さようなら

〔えいが〕


「網走番外地」映画監督・石井輝男さん死去

「網走番外地」や「徳川女系図」など数多くの娯楽作品を手掛けた映画監督の石井輝男(いしい・てるお、本名・北川輝男=きたがわ・てるお)さんが、12日午前9時43分、肺がんのため死去した。81歳だった。
告別式は近親者のみで行い、後日、「お別れの会」が開かれる予定。自宅は公表していない。
東京都出身。東宝に入社後、1947年の新東宝設立に参加し、57年の「リングの王者 栄光の世界」で監督デビューした。
「黒線地帯」などの「地帯」シリーズや、「女王蜂」シリーズなどで人気を集め、61年に東映と契約してからは、「花と嵐とギャング」をはじめとする「ギャング」ものなど、スピーディーなアクション映画を次々と発表。
65年には、高倉健さん主演の「網走番外地」を大ヒットさせ、東映アクションの看板シリーズとした。このほか、「徳川いれずみ師 責め地獄」など、型破りな娯楽作で日本映画を活気づけた。
80年以降は主にテレビドラマを演出していたが、93年に、つげ義春さん原作の映画「ゲンセンカン主人」で健在なところを示し、その後も「無頼平野」「ねじ式」「地獄」など、“鬼才”と呼ばれるにふさわしい作品を発表した。(12日付 読売新聞)


先ほど、某ミクシィで知りました。
大ショックです・・・・。

共同通信配信の訃報には、

61年に東映に移り、任侠(にんきょう)映画で頭角を現した。

なんて書いてありますが、それを言うならギャング映画で、監督ご自身は任侠映画が苦手だったようです(作ってることは作ってるけど)。

先ほどまで何も知らずに、次回のロケ地探訪予定作品『異常性愛記録 ハレンチ』のビデオを観直していたところだったので、よけい衝撃が大きく・・・・。

お休み前に、大好きな『セクシー地帯』でも観てから寝ることにします。

謹んでご冥福をお祈りします。


付記:「そういえば、20日(土)の成瀬巳喜男監督のシンポジウムにゲストで出るはずだったんだよな、石井監督」と思い、サイトをチェック。フィルムセンター、こういうお仕事は早いっす。
師匠の生誕100年の年に亡くなったというのも、何かの縁かもしれません。
あっ!誰か、ウー先生(呉宇森)からコメントとって下さい。

2 件のコメント:

DHS さんのコメント...

本日ずっと上网しておらず、今知りました・・・。

とにかく、ただひたすら合掌。
特集上映、ありますよね?

せんきち さんのコメント...

DHSさん

ほんとにショックです・・・・。
ゆうべは、『黄線地帯』『セクシー地帯』を寝る前に観ました。
『セクシー地帯』、タイトルバックからもう大好きな映画で、特に大好きな平岡精二の音楽を聴きながら、涙が・・・・。
特集上映、絶対にあると思います。
監督、本当にありがとうございました。