2005年8月21日日曜日

トラベル・バトン

〔たび〕

なんだか粤っぽい ~小心ものは地を滑る」の胤雄さんからバトンを強奪、もとい、頂戴しました。
というわけで、さっそく本題に入りましょう。

1、今までで一番良かった国内旅行先
えー、いろいろありますが、強いて1つだけ挙げるならば、別府の竹瓦温泉
もう15年前に1度行っただけですけれど、立地条件も強烈(ソープ街。温泉の裏には「桃山御殿」なる、ゴージャスな名前のソープがありました)なら、入浴方法も強烈でした。
すっぽんぽんで入る砂湯(大事なところにだけタオルをかける)。
同行した友人は「熱くて耐えられない」と不満たらたらでしたが、あっしはあまりの心地よさに寝ちゃいました。
その友人も6年前に急逝して今は天国に。
もう1度一緒に旅がしたかったです。

2、今までで一番良かった海外旅行先
なにしろ、あっしの行ったことのある海外の旅行先といったら、

中国(大連、旅順、北京、上海、周荘、蘇州、西安、福州、漳州、泉州、莆田、厦門、武夷山、広州、深圳、海南島)、香港、澳門、台湾、シンガポール

と、とてつもない偏り方なので、あれこれ言えるほどのこともないのですけれど、そうですねえ、海南島が面白かったっす。
2002年、当時海口に住んでいた知人に誘われて、香港経由で1人ふらふらと行ってまいりました。
「中国のハワイ」といいながら、道路の真ん中で水牛が寝そべっていたり、ブリブリうん○たれてるようなのどかなド田舎でおました。
紅色娘子軍の故郷であることと関係あるのかないのかわかりませんが、総じておねーちゃん方がしっかりしていて、男どもは皆だらしなかった印象が。
七仙嶺温泉という山の中のひなびた温泉が最高でしたが、本格的な観光開発が行われるらしい記事が現地の新聞に載っていたので、今はどうなんでしょ。すっかり歓楽温泉になっちゃったのかなあ。
通什(五指山市)のお茶屋でしこたまお茶を買い、帰国後、お茶屋のおじさんが写っている写真を送ったところ、しばらくしてドドンとお礼の緑茶が届いた、なんてこともありました。
そういや、お茶工場にも乱入したっけ。
で、そんなのんびりゆったりな海南島ですが、日本が軍政を布いていた時期もあり、そのせいなのか、


こんな彫像が海口のホテル前に置かれたこともありましたね、去年。

でも、いいとこでしたよ。
山亀のスープもおいしかったです。

3、これから行きたい国内旅行先
何度も行っているけれどそれでも行きたいのは、大観光地・京都。
あとは、沢渡温泉(群馬)。
侯孝賢監督の『ミレニアム・マンボ(千禧曼波)』に出てくる北温泉(栃木)にも、行ってみたいですね。

4)これから行きたい海外旅行先
香港でしょうか、とりあえず。
以前ちょこっと書いたことがあるかもしれませんが、フォスター・プランで陝西省の農村のお子ちゃまと文通しているので(本人はまだ手紙が書けないため、いつも姉ちゃんの代筆)、いつかその子に会いに行きたいなあとも思っております。

5)最後にこのバトンを渡す方
んー、それではピンポイント攻撃。
といきたいところなのですが、興味のある方、ご自由にお持ち下さい。

2 件のコメント:

胤雄 さんのコメント...

トラベル・チャ~ンス!(@関口宏)
せんきちさん、今晩は。
バトン受け取っていただきありがとうございました。
それにしてもせんきちさんの旅行先って、戦前の歌手の慰問先みたいですね。(笑)
次はやはりインドネシアでしょう。☆彡

せんきち さんのコメント...

胤雄さん

こんばんわ。
あまり面白くもない内容ですいません。
温泉場のドサまわりと戦地の慰問ですね。
移動上映のような気も・・・・。
>インドネシア
いいですねえ。
ブンガワンソロ。