2005年6月29日水曜日

ぎもん

〔しようもない日常〕

例によって飲んだくれて、先ほど帰宅しました。

で、ひとつ疑問(上の話題とはかんけーないが)。

昨日、但漢章(フレッド・タン)のデビュー作『暗夜』を観ていたら、張國柱(チャン・グオチュー)の少年時代(漁師だった父親が船舶事故で急死、しかし母親は喪に服すどころか別の男とせっせと励んでいた、その密会現場をぐうぜん目撃、それがもとで女性に対するトラウマを持つようになってしまうという、李昂〔原作者〕節全開の場面)をやってた男の子が、張震(チャン・チェン)そっくりでした。

彼ですか? ほんとに。

2 件のコメント:

みんみん さんのコメント...

張震は張国柱の息子でしたっけ?
先日テレビで張震見ましたら、なんだか渡辺謙に似た風貌になっていて驚きました。今もいい男には変わりないのですが、少年の頃の彼もよかったなぁ。(「牯嶺街殺人事件」くらいのころ・・・)

せんきち さんのコメント...

みんみんさん

こんにちわ。
>張震は張国柱の息子
その通りです。
で、『暗夜』は1986年の映画で、『牯嶺街少年殺人事件』よりも前の作品なのです。
絶対に彼(張震)だと思うのですが、いくら調べても「デビュー作は、『牯嶺街少年殺人事件』」としか書いてないのですよねえ。
んー、まいりました。